日テレNEWS
社会
2018年12月14日 11:54

辺野古沖 埋め立て予定地の土砂投入始まる

辺野古沖 埋め立て予定地の土砂投入始まる
(c)NNN

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設先とされる名護市辺野古で、政府は14日、埋め立て用の土砂を海に投入する作業を始めた。現地から中継。

辺野古の沖に来ている。アメリカ軍キャン・シュワブを囲む護岸の内側で、先ほど午前11時ごろから、土砂の投入が始まった。

14日朝、土砂を積んだ台船がキャンプ・シュワブ北側の護岸に接岸され、ダンプカーで土砂を陸揚げしている。キャンプ・シュワブのゲート前では、市民らが早朝から座り込み、埋め立てへの抗議の声をあげている。

沖縄県の玉城知事は13日、岩屋防衛相や菅官房長官と相次いで会談し、工事を中止するよう訴えたが、政府の方針は変わらなかった。

土砂の投入には、移設工事が後戻りできないということを印象づけたい政府の狙いが見えるが、軟弱地盤の改良や、来年2月に予定されている埋め立てへの賛否を問う県民投票など、難しい課題も残されている。

普天間基地の返還合意から22年。土砂投入で移設問題は大きな節目を迎えるが、県民の反発は強く、先行きは依然、見通せない。