日テレNEWS
社会
2019年5月8日 15:46

クイズ番組の雰囲気を味わえるクイズ専門店

クイズ番組の雰囲気を味わえるクイズ専門店
(c)NNN

テレビなどで放送されるクイズ番組の雰囲気を味わえる「クイズ専門店」が都内にある。クイズ好きの交流の場として、賑わいを見せている。

早押し用の装置を使いクイズを行う専門店。ここではほぼ毎日クイズ大会が開かれている。東京・文京区の路地を入った建物の2階にある“QUIZ ROOM SODALITE”。

この日集まった16人はネット予約で参加した。レベルごとにクラス分けされていて、料金は1人1000円から、この日のイベントは2500円。週末の開催や有名クイズ作家が参加する人気の回は1分で完売することもある。

出題者「問題、ソフトバンクやAOKIのCMに起用され…」

参加者「上戸彩」

出題者「問題、リズムでおぼえる音感法、語呂合わせでおぼえる合調法といったおぼえ方があるツーとトンの…」

参加者「モールス信号」

この日の出題者は、数々のクイズ大会でチャンピオンに輝くクイズ王・徳久倫康さんだ。この日のために問題を用意した。

徳久さん「もし答えられない場合も、こういうことがあるんだとか、リターンがかえってくる問題を出したいなといつも思っています」

途中休憩をはさみ約2時間30分。ほかにも、早押しボードクイズなど、様々なパターンの早押し問題が出題され、点数が加算されていく。全体を通してリードしていた、たけるさんが1位になった。

たけるさん「運良く勝てました」

順位はつけるが賞金や賞品はない。

出産を控える女性も参加していた。

参加者のゆこさん「強くなるにはクイズの場数を踏むことが大事だと思うので、ここで訓練したいと思っています」

運営しているのは専門誌“QUIZ JAPAN”編集部だ。

QUIZ JAPAN・大門弘樹編集長「実際に早押しボタンを押して、たっぷりクイズを楽しんでいただく」

2018年1月のオープン以来、イベントの数を増やしている状況だ。

大門編集長「クイズをやってみたかったんだけど、クイズをやる機会がずっとなくて、やりたかった熱を発散している」

【the SOCIAL viewより】