日テレNEWS
社会
2019年6月5日 21:51

旧優生保護法 原告らが救済法改正を訴える

旧優生保護法 原告らが救済法改正を訴える
(c)NNN

障害者らが強制的に不妊手術を受けさせられた旧優生保護法について仙台地裁が先月、憲法違反と判断したことを受け、原告らが国会前で救済法の改正などを訴えた。

東京の原告・北三郎さん(仮名・76)「私はあきらめない。私は戦っていきます」

強制不妊手術を巡る裁判で、5月28日の仙台地裁の初の判決では、旧優生保護法については、憲法違反と判断した。

これを受け、国会前には5日、原告や弁護団などおよそ300人が集まり、国に対して、ことし4月に施行された被害者に一時金を支給する法律に国の謝罪を明確に盛り込むことや、法律で規定された一時金の金額を見直すことなどを訴えた。

一方、仙台地裁は、国に賠償を求めた訴えは退けているが、原告の女性は、「賠償責任を認めないことは納得いかない。裁判所は、国の責任を認めてほしい」と話した。