日テレNEWS
社会
2019年8月25日 16:48

東京パラ開幕まで1年 大規模イベント開催

東京パラ開幕まで1年 大規模イベント開催
(c)NNN

東京パラリンピックまで25日でちょうど残り1年となり、都内で大規模なイベントが行われた。

東京パラリンピックは来年の8月25日から9月6日まで、22競技・540種目が行われ、史上最多の4400人の選手が参加予定。パラリンピックが同じ都市で2度開催されるのは初めて。

25日、東京・代々木公園では大規模なイベントが行われ、IPC(=国際パラリンピック委員会)の特別親善大使を務める元SMAPの稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの3人が車いすテニスを体験したほか、国枝慎吾選手と上地結衣選手がプレーを披露した。

国枝慎吾選手「1年前となると、自分の中でカウントダウンが始まるような気がします」

上地結衣選手「気軽に見に来られるような環境や気持ちが、もっともっと根付いてくれればいいなと」

このあとには、パラリンピックのメダルや聖火リレーのユニホームが発表される。