×

愛子さまの4月からの大学通学 側近「大学側と連携、調整しながら検討したい」

2023年2月24日 17:29
愛子さまの4月からの大学通学 側近「大学側と連携、調整しながら検討したい」

これまでの3年間、オンラインでの大学の授業が続いていた天皇皇后両陛下の長女、愛子さまの4月からの通学について、側近は大学側と連携、調整しながら検討したいと話しました。

天皇皇后両陛下の長女、愛子さまは現在、学習院大学文学部日本語日本文学科の3年生で、コロナ禍で3年間、大学のキャンパスにはほぼ通わずオンラインの授業を受けられていました。

学習院大学は来年度の方針として、対面授業を前提としつつ、一部の科目のみ遠隔授業を実施すると公表していて、側近は、どういう形であれば愛子さまの通学が可能か、「大学側と連携、調整しながら検討していくことになる」と話しました。

天皇陛下は誕生日の記者会見で、4月に大学4年生になる愛子さまについて、「新型コロナウイルス感染症の感染状況が落ち着いて、キャンパスに足を運べるようになり、これまで以上に広い経験を積んでくれればと思っています」と、希望を述べられていました。

愛子さまは去年12月にはキャンパスに行き、卒業論文に向けたガイダンスや対面での授業も受けたということで、これから卒業論文に取り組まれることになります。

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 愛子さまの4月からの大学通学 側近「大学側と連携、調整しながら検討したい」