×

全国的に大雨のおそれ…九州で線状降水帯も

2023年6月30日 11:30

7月1日にかけて、全国的に大雨となるおそれがあります。特に九州では線状降水帯が発生して、大雨災害の危険度が急激に高まるおそれがあり、厳重な警戒が必要です。

活発な梅雨前線の影響で、このあとも北海道から九州にかけて、広い範囲で激しい雨が降るでしょう。特に九州では猛烈な雨や非常に激しい雨が降り、30日午後から7月1日午前中にかけて、線状降水帯が発生するおそれがあります。

7月1日昼までに予想される雨量は、九州で300ミリ、四国・近畿で250ミリ、北陸・東海で180ミリ、中国・関東甲信で150ミリなどとなっていて、その後も九州を中心に、大雨の続く所があるでしょう。九州で線状降水帯が発生した場合、局地的にさらに雨量が増え、大雨災害の危険度が急激に高まるおそれがあります。

土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に、厳重な警戒が必要です。