日テレNEWS
社会
2019年11月15日 15:12

扉つきベビーベッドで乳児窒息 事故相次ぐ

扉つきベビーベッドで乳児窒息 事故相次ぐ
(c)NNN

収納扉がついた木製ベビーベッドで扉が不意に開き、乳児が窒息する事故が今年になって2件相次ぎ、消費者庁が注意を呼びかけている。

事故が相次いでいるのは下に扉つきの収納部分があり、床板の高さを調整できる木製ベビーベッド。

今年6月、生後8か月の乳児が、収納扉が開いてできたすき間に首がはさまって窒息死し、9月にも、同様の状況で生後9か月の乳児が重体になったため、消費者庁が検証を行ったという。

その結果、このタイプのベッドでは収納扉のロックが完全にかかっていないと窒息や転落事故が起きる可能性があるということで、消費者庁はロックを必ずかけ、ロックが壊れていたら使用を中止するよう呼びかけている。