×

岸田首相に贈った“四字熟語”は? 藤井聡太八冠に内閣総理大臣顕彰

2023年11月13日 20:17
岸田首相に贈った“四字熟語”は? 藤井聡太八冠に内閣総理大臣顕彰
史上初の「八冠」を達成した功績がたたえられ、藤井聡太八冠に内閣総理大臣顕彰が授与されました。

岸田首相
「その功績はまことに顕著であります。よってここに顕彰します」

藤井聡太八冠(21)
「大変光栄なことだと思っています。当初は緊張もあったんですけど、途中から総理の方からも和やかにお話をいただいて、少しずつ緊張がほぐれてきたのかなと」

将棋界で内閣総理大臣顕彰が授与されたのは、1996年に当時、史上初の七冠独占を達成した羽生善治九段以来2人目です。

13日、藤井八冠が受け取ったのは、盾と賞状。そのお礼として木箱に「雲外蒼天」と書かれた将棋盤を岸田総理に手渡しました。

藤井聡太八冠(21)
「雲の上には青空が広がっているということで、努力をしてさらに実力を高めていくことで、これまでと違った景色が見えるのかなと」

実は、藤井八冠の四字熟語の披露は2日間連続です。

11日、北海道小樽市で行われた竜王戦の第4局で、挑戦者の伊藤匠七段に勝利し、竜王戦3連覇を果たした際、一夜明けた会見で「盤上没我(ばんじょうぼつが)」と書かれた色紙を見せていました。

藤井聡太八冠(21)
「盤上に没頭してすごく集中して考えるということで、感覚を大事にしていけたらいいかなと思って」

年内のタイトル戦を全て制し、歴史を作り続けている藤井八冠。次に待っているのは、来年1月から行われる王将戦七番勝負です。

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 岸田首相に贈った“四字熟語”は? 藤井聡太八冠に内閣総理大臣顕彰