×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 三笠宮妃百合子さま 新型コロナに感染 皇室最高齢99歳 宮家の職員は3人の感染確認

三笠宮妃百合子さま 新型コロナに感染 皇室最高齢99歳 宮家の職員は3人の感染確認

2022年7月13日 18:48

皇室最高齢、99歳の三笠宮妃百合子さまは、12日、風邪気味のため、都内の病院に入院されましたが、検査の結果、新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。

宮内庁によりますと三笠宮妃百合子さまは、37度程度の熱と寒気があることから12日に東京・中央区の聖路加国際病院を受診し、そのまま大事をとって入院されました。

その後、12日は37度程度の熱があり、寒気に加え、けんたい感や少し咳もあったということです。

13日午前にPCR検査を受け、昼過ぎに新型コロナウイルスへの感染が確認されました。

今は熱は下がり、症状は軽い咳だけで、肺炎などの所見はなく軽症だということです。

他の皇族方への接触はなく、感染経路は不明ですが、宮家の職員は3人の感染が確認されているということです。