×

海上保安庁が無人航空機導入 不審船などの監視強化へ

2022年10月19日 18:11

監視体制強化に向け無人航空機の飛行が始まりました。

海上保安庁は日本周辺海域で不審船などの監視強化のため、アメリカの航空機メーカーの無人航空機を導入し、19日から運用を始めました。

無人航空機は全長およそ12メートル幅24メートルと大型で、監視能力が高く、昼夜問わず24時間以上の連続飛行が可能です。

また、現場の状況を長時間リアルタイムに配信できるため海上保安庁の石井長官は「海難・災害対応を含め効果的に活用できると期待している」としています。