×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • ブラインドラグビー体験会「壁取り除いてみんなで楽しめるスポーツを」

ブラインドラグビー体験会「壁取り除いてみんなで楽しめるスポーツを」

2022年7月31日 19:22
ブラインドラグビー体験会「壁取り除いてみんなで楽しめるスポーツを」

31日、東京都内で、視覚障害者がプレーするラグビー、「ブラインドラグビー」の体験会が行われました。

「ブラインドラグビー」とは、視覚に障害がある人のラグビーで、1チーム7人で行い、このうち2人までは、障害がない人も一緒にプレーすることができます。

鈴が入ったボールを使い、肩からひざの間を両手でタッチすることで、タックルの代わりとなります。

体験会では、まずアイマスクを装着して、準備体操や音がする方向に歩くことから始まりました。

アルコバレーノ東京・神谷考柄代表「細かく声で伝えてあげるのがすごく、ブラインドラグビーで必要な要素です」

次に、視野が欠けて見えるなど、弱視の人の見え方を体験するため、専用ゴーグルを装着し、ミニゲームなどが行われました。

日本ブラインドラグビー協会・橋本利之会長「視覚障害者、100人いれば100通り(の見え方)、ブラインドラグビーを通して知っていただくことが大事」

日本ブラインドラグビー協会は、「障害の壁を取り除いて、みんなで楽しめるスポーツということを発信していきたい」としています。