×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 沖縄・玉城知事、きょう期限で国から指示の辺野古“設計変更”承認を見送り

沖縄・玉城知事、きょう期限で国から指示の辺野古“設計変更”承認を見送り

2023年10月4日 18:06

アメリカ軍普天間基地の移設先となる沖縄県の名護市辺野古の埋め立てを巡り、玉城県知事は、4日を期限として国から指示されていた設計変更の承認を見送りました。

この問題を巡る裁判で、先月4日、最高裁で沖縄県敗訴が確定したことを受け、国土交通相は先週、きょう4日までを期限として、アメリカ軍普天間基地の移設先となる名護市辺野古の工事の設計変更を承認するよう「指示」していました。

しかし、沖縄県の玉城知事は、行政法学者らから意見を聞くなどして、最高裁判決の精査を続け、期限の4日、承認するかどうかの判断を見送ることを決めました。

玉城知事「県政の安定的な運営のため、本日までに承認することは困難である」

県からの承認が得られないことを受け、国が今後、県の代わりに承認する「代執行」を求め、高等裁判所に訴えを起こすのかが注目されます。