日テレNEWS
社会
2021年2月15日 16:34

横須賀市 ワクチン「個別接種主体」体制に

神奈川県横須賀市は15日、市民に対するワクチン接種について、個別接種を主体とする体制を発表しました。

横須賀市・上地克明市長「病院で副反応にも対応可能な個別接種を主体としながら、2か所の集団接種会場を用意し、接種者のニーズに応えた場所を選択可能にしている」

横須賀市は15日の会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種について市内全域のクリニックや病院などによる個別接種を主体とした体制を発表しました。

また市内2か所の集団接種会場にはワクチンを保管するための超低温冷凍庫「ディープフリーザー」を設置し、ワクチンの供給拠点も兼ねます。接種の予約はLINEやウェブサイト、コールセンターから行うということです。