日テレNEWS
社会
2021年6月18日 18:51

東京五輪・パラ「無観客望ましい」尾身会長

東京五輪・パラ「無観客望ましい」尾身会長
(c)NNN

東京オリンピック・パラリンピック開催を巡り、政府などに新型コロナウイルス感染拡大のリスク評価を提言した政府分科会の尾身会長ら専門家は、18日午後、会見を開き、あらためて「無観客が望ましい」などと述べました。

政府分科会・尾身茂会長「感染の拡大のリスクがあるので、そういう中でオリンピックを開催すれば一体どのようなリスクがあるのかということを専門家として考えをまとめるのが、我々のプロフェッショナルとしての責任だというふうに考えましたので、無観客、観客をいれないという方法が、感染リスクが低くて、これが望ましい方法だと私たちは考えております」

尾身会長らは、すでに感染拡大や医療ひっ迫のリスクがある中、東京大会が開催されれば、医療にさらなる負荷がかかる可能性があるとして、「無観客の開催が望ましい」とあらためて強調しました。

その上で、観客をいれる場合は、政府の大規模イベントより厳しい基準などを求めました。

また、提言では開催中止については言及していませんが、尾身会長は、「開催すべきか議論していた時期もあった」と明らかにした上で、感染拡大などの予兆があれば、開催前や開催中であっても躊躇せずに緊急事態宣言などの強い対策をとるよう訴えました。