×

岡山・笠岡市長、職員にパワハラ疑い 市議会に音声データ提出

2023年12月6日 12:44

岡山県笠岡市の市長が、職員に対しパワハラ行為を働いた疑いがあるとして、音声データが市議会に提出されました。

6日に開かれた笠岡市議会の特別委員会で、小林嘉文市長が職員に対しパワハラを行ったとされる音声データに関し、協議されました。

小林市長とされる音声データ「軽トラに乗せられないけど、いいんだよ。これいくらするんだと、おれが言ったというのか。ばかみたいなこと言うな、お前。ナンセンスなんだよ」

音声は匿名の職員から提供され、録音された場面や時期などは不明とされています。

疑惑がかけられた小林市長はデータが自身の声であると認め…。

笠岡市・小林嘉文市長「仕事の話とすれば、笠岡を変えたいという思いが語気に表れていたんじゃないですかね」

その上で、場面や前後の関係がわからないので、パワハラにあたるかどうかは判断できないとしました。

市議会の特別委員会は、音声データについては今後、人事課に提供し、対応を委ねるとしました。