日テレNEWS
社会
2021年7月16日 11:40

五輪パラ“濃厚接触選手”陰性で出場可能に

五輪パラ“濃厚接触選手”陰性で出場可能に
(c)NNN

東京大会に出場する選手が新型コロナウイルス感染者の「濃厚接触者」となった場合、試合直前のPCR検査で陰性であれば大会への出場を認める方針であることがわかりました。

政府や組織委員会は、東京大会に出場する選手が新型コロナ感染者の「濃厚接触者」となった場合、試合開始6時間前を目安に実施するPCR検査で陰性が確認されれば、出場を認める方針であることが関係者への取材でわかりました。

国内では濃厚接触者は14日間の待機が求められる中、特例的な対応となります。

ただし、出場するためには、濃厚接触者と判断されてから毎日、PCR検査を実施し、個室での宿泊や練習・試合をのぞく外出禁止、個別車両での移動といった厳しい条件が課されるということです。

また、柔道など選手同士の接触が想定される競技については、試合後も検査を実施する方向です。