×

偉業達成・藤井聡太七冠 タイトル防衛に挑む棋聖戦・第1局はベトナムで “勝負メシ”と“おやつ”は?

2023年6月2日 21:06
偉業達成・藤井聡太七冠 タイトル防衛に挑む棋聖戦・第1局はベトナムで “勝負メシ”と“おやつ”は?

最年少での名人獲得と7冠達成という快挙を成し遂げた藤井聡太七冠(20)。タイトル独占となる「八冠」も視野に入れていますが、その前に立ちはだかるのが、保持しているタイトルの防衛戦です。5日にその棋聖戦・第1局が行われるベトナム・ダナンのホテルを取材しました。

   ◇

最年少で「名人」を獲得し、7つ目のタイトル奪取を成し遂げるという歴史的偉業から一夜。2日、藤井聡太七冠は「名人」と呼ばれる最初の朝を迎え、会見を行いました。

藤井聡太七冠
「名人を獲得できたことは、自分としてもすごく大きな達成だった。(名人とは)“その道で頂点に立つ人”という意味合いもあるので、その言葉はとても重いものなのかな、と思っています」

名実ともに将棋界をリードする存在となりました。

プロデビューから6年半余り、わずか20歳10か月で七冠を達成しました。これで将棋界に8つあるタイトルのうち、7つを保持することになった藤井七冠が残すタイトルは「王座」のみです。年内にも、タイトル独占となる「八冠」を視野に入れています。

しかしその前に立ちはだかるのが、保持しているタイトルの防衛戦です。次は「棋聖」のタイトル防衛に臨みます。

   ◇

第1局が行われるのは、日本から約3700キロ離れた東南アジアのベトナムです。将棋を世界に広めるため、47年前に始まった“海外対局”が復活するのです。“フジイソウタ”の名はこの地にも轟いていました。

記者
「ベトナムの将棋ファンが集まり、名人戦の戦況に関する議論が白熱しています」

6月1日、首都ハノイの「将棋クラブ」では、熱心なファンが名人戦の行方を見守っていました。藤井七冠の勝利に歓声があがり、感極まる人もいました。

ベトナムの将棋ファン
「フジイソウタはとても強く、天才だと思う」

6月5日に佐々木大地七段の挑戦を受ける「棋聖戦五番勝負 第1局」が行われます。その舞台となるのが、ベトナム中部・ダナンにあるホテル「ダナン三日月」です。

ホテルの門をくぐったすぐ目の前には巨大な富士山のオブジェが設置され、さらにロビーには「力士」や「みこし」を据え、日本風のしつらえにしています。実は“初めて海外に行く”という藤井七冠のために、ホテルは万全の体制を敷いています。

ダナン三日月 会長室室長・益子美智緒さん
「海外ですから、なるべく日本に近いかたちで、安心して対局に臨める環境を整える」

このホテルのオーシャンビューのスイートルーム(1泊約25万円~)が、対局室の候補となっています。“畳マット”を日本から持ち込み“和室風”にするといいます。そして気になるのが“勝負メシ”と“おやつ”です。

ダナン三日月 会長室室長・益子美智緒さん
「(日本にいる)調理長がダナンに来て、対局者の食事を作る。そういう準備をしております」

シェフと食材は日本から。一方で、おやつには3種類の“ベトナムスイーツ”を用意。ベトナム風の「ぜんざい」をいただいてみると…

記者
「濃厚なココナツ風味で、バナナとタピオカとピーナツも入っていて、非常に食感がいいですね」

注目の海外対局。藤井七冠は近くベトナムへ向かいます。

    • 日テレNEWS NNN
    • 社会
    • 偉業達成・藤井聡太七冠 タイトル防衛に挑む棋聖戦・第1局はベトナムで “勝負メシ”と“おやつ”は?