×

鳥取に「記録的短時間大雨情報」を連続で発表 気象庁

2023年8月15日 5:26

鳥取県内で、猛烈な雨が降り続いています。気象庁は災害が起きる恐れが高まっているとして「記録的短時間大雨情報」を連続で発表し、厳重な警戒を呼びかけています。

気象庁によりますと、台風7号の北上に伴って大気の状態が非常に不安定になっているため、鳥取県内には発達した積乱雲がかかっています。

午前4時30分までの1時間に鳥取県河原付近でおよそ100ミリ、鳥取市佐治で91ミリ、鳥取市佐治付近と八頭町付近でおよそ90ミリと災害が起きてしまうほどの猛烈な雨が降ったとみられます。

気象庁は、数年に一度の大雨になり、災害が起きる恐れが高まっているとして、「記録的短時間大雨情報」を、連続して発表し、土砂災害や川の氾濫、低い土地への浸水などに、厳重に警戒するよう呼びかけています。