×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 【天気】西日本から東日本で不安定続く…激しい雷雨に注意 厳しい残暑、猛暑日の所も

【天気】西日本から東日本で不安定続く…激しい雷雨に注意 厳しい残暑、猛暑日の所も

2023年9月15日 17:42

【ポイント】

・西日本から東日本で不安定続く
・激しい雷雨に要注意
・厳しい残暑も続く猛暑日の所も
・長崎、熊本、大分、三重に熱中症警戒アラート
・3連休も熱中症に警戒

【全国の天気】

あす16日(土)にかけて、秋雨前線がやや北上し、朝鮮半島から日本海、東北南部にかけて、停滞するでしょう。前線の南側の西日本から東日本にかけては、引き続き、暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定となりそうです。

晴れ間はありますが、気温の上がる午後になると、山沿いを中心に、所々で雨雲が発達し、激しい雷雨となる所があるでしょう。また九州北部は、東シナ海からの活発な雨雲がかかりやすく、大雨となるおそれがあります。

16日夕方までに、多い所で、長崎県で150ミリ、佐賀県で100ミリの雨量が予想されています。天気の急変に注意し、低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水などに警戒が必要です。そして16日も厳しい残暑、猛烈な残暑が続きます。

最高気温は、熊谷、甲府、名古屋、岐阜、京都で35℃、前橋、さいたま、豊岡、奈良、岡山、鳥取、鹿児島で34℃などの予想です。東京都心は33℃です。長崎、熊本、大分、三重に熱中症警戒アラートが発表されています。引き続き、熱中症に、十分な警戒が必要です。

■予想最低気温(前日差と季節感)

札幌  19℃(±0 8月中旬)
青森  20℃(-2  8月中旬)
仙台  23℃(-1  真夏)
新潟  24℃(±0 真夏)
東京  24℃(-2  真夏)
名古屋 26℃(±0 熱帯夜)
大阪  26℃(-2  熱帯夜)
広島  26℃(+1 熱帯夜)
高知  23℃(-1  9月上旬)
福岡  26℃(+1 熱帯夜)

■予想最高気温(前日差と季節感)

札幌  27℃(+2 真夏)
青森  29℃(+1 真夏)
仙台  31℃(+1 真夏)
新潟  30℃(+2 8月下旬)
東京  33℃(±0 真夏)
名古屋 35℃(±0 猛暑)
大阪  33℃(-1  8月下旬)
広島  33℃(+2 8月中旬)
高知  33℃(+1 真夏)
福岡  32℃(+2 8月下旬)

【週間予報】

16日からの3連休は、まだまだ真夏の天気が続きます。東日本や西日本では晴れ間の広がる所が多く、33℃前後の厳しい残暑が続くでしょう。熊谷や名古屋など、35℃以上の猛烈残暑となる所もある予想で、3連休のお出掛けや運動などは、熱中症に十分な警戒が必要です。

一方、北海道は秋雨前線の影響で、3連休は次第に雨が降りやすくなり、大雨に要注意です。連休明けも東日本や西日本では厳しい残暑が続くでしょう。

ただ来週後半の21日(木)から22日(金)頃には秋雨前線が南下し、雨が降るとともに、東京などはようやく秋の気配が感じられそうです。ただ西日本では来週後半にかけてもまだ真夏日の続く所が多く、高温傾向が続く見込みです。