×

棋聖戦第1局 2度の指し直しの末、藤井聡太五冠が敗れる

2022年6月4日 0:48
藤井聡太五冠が3連覇をかけ戦う棋聖戦五番勝負の第1局は2度の指し直しの末、挑戦者の永瀬拓矢王座が勝利しました。

第1局は兵庫県洲本市で3日午前9時から行われました。永瀬拓矢王座を挑戦者に迎え、熱戦が続いていましたが、午後4時すぎ、同じ局面が4回現れる「千日手」で引き分けとなり、指し直しの対局でも、午後5時半すぎに再び「千日手」が成立。

日本将棋連盟によるとタイトル戦での2度の千日手はおよそ20年ぶりだということです。

そして、午後9時半すぎ、3回目の対局で藤井五冠は投了に追い込まれ、敗れました。

藤井五冠「全体的に思わしい展開にできなかったかなと。しっかり反省して次に臨めたらと思います」

タイトル戦での連勝が13でストップした藤井五冠、第2局は今月15日に行われます。