×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 藤井七冠「王位」防衛なるか…佐々木七段の「封じ手」で初日終了 あす午後には勝敗決定へ

藤井七冠「王位」防衛なるか…佐々木七段の「封じ手」で初日終了 あす午後には勝敗決定へ

2023年8月22日 19:07
将棋八大タイトルの一つ王位戦の七番勝負は、22日から第5局が行われていますが、「封じ手」が行われ初日を終えました。

第5局は22日から徳島市の料亭で行われています。王位戦七番勝負は、これまで4回の対局のうち藤井聡太七冠が挑戦者の佐々木大地七段に3勝し、防衛まであと1勝と王手をかけています。

第5局初日のこの日、午前中はお互い手が進みましたが、午後からは2人とも時間を使って次の手を模索しました。午後4時前に藤井七冠が45手目を指すと、佐々木七段の長考が続いてそのまま午後6時をすぎ、佐々木七段が指し手を相手に分からないように紙に書く「封じ手」を行い、初日を終えました。

第5局は23日午前9時に「封じ手」を開封して再開され、午後には勝敗が決まる見通しです。