×

台風7号ゆっくり北上…紀伊半島に上陸のおそれ あすにかけ“線状降水帯”も

2023年8月14日 12:34
台風7号ゆっくり北上…紀伊半島に上陸のおそれ あすにかけ“線状降水帯”も

強い台風7号はゆっくり北上し、14日夜遅くには紀伊半島が暴風域に入る見込みです。

台風は15日未明から朝にかけて紀伊半島にかなり接近し、上陸するおそれがあります。15日夜には日本海へ抜けて、その後、北海道に進むでしょう。

台風の接近に伴い、太平洋側を中心に激しい雨が降り続き、14日夜以降は、台風本体の発達した雨雲が東海や近畿にかかるでしょう。15日にかけて東海や近畿など広い範囲で線状降水帯が発生し、災害の危険度が急激に高まるおそれもあります。

15日の予想最大瞬間風速は東海と近畿で50メートルと、走行中のトラックが横転するおそれもある猛烈な風が吹きそうです。

15日昼までに予想される雨量は、東海で400ミリ、近畿で350ミリ、四国や関東甲信で250ミリから300ミリ。台風の動きが遅いため、16日にかけてさらに雨量が増え、総雨量が平年の8月ひと月分の雨量を超えるおそれがあります。

暴風や高波のほか、大雨による河川の氾濫、土砂災害などに厳重な警戒が必要です。

    • 日テレNEWS NNN
    • 社会
    • 台風7号ゆっくり北上…紀伊半島に上陸のおそれ あすにかけ“線状降水帯”も