×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • “神の使い”奈良公園のシカ、周辺とは異なる遺伝子 福島大などの研究で

“神の使い”奈良公園のシカ、周辺とは異なる遺伝子 福島大などの研究で

2023年1月31日 13:09

国の天然記念物に指定されている奈良公園に生息するシカが、周辺のシカと異なる遺伝子を持っていることが、福島大学などのグループの研究で分かりました。

奈良公園のシカは神の使いとされ、国の天然記念物に指定されています。

福島大学などの研究グループが、奈良公園と紀伊半島各地に生息するニホンジカのDNAを調べたところ、奈良公園のシカから、ほかの地域のシカでは見られない独自の遺伝子型が見つかりました。1000年以上前から、ほかのシカの集団と交流がないことが明らかになったということです。

福島大学共生システム理工学研究科・高木俊人さん「狩猟などで捕獲されて(ほかの群れが)絶滅する中で、個体が奈良公園のみで生き残ってきた。まさに生きる文化財だと言える」

春日大社宮司・花山院弘匡さん「“神のシカ”として、大切に大切に守られてきたシカが、科学的にも特別なシカだと分かり、大変驚いている」

研究グループは、奈良公園のシカをどのように未来に残していくかを考えるきっかけにしてほしいと話しています。