×

沖縄「ゆいレール」 初の3両編成新車両が到着

2023年1月9日 16:42

沖縄県唯一の鉄道として観光客にも利用されるモノレール「ゆいレール」が、これまで2両の編成を一部3両に増やすこととなり、新たな車両が9日、沖縄に到着しました。

那覇港に船で到着したのは、山口県の車両メーカーで製作された3両編成の新車両です。1両15トンほどの車両は、大型のクレーンで船から港に陸揚げされました。10日の未明に、一般道を通って車両基地に輸送される予定です。

ゆいレールは2003年、那覇市の那覇空港と首里の間で開通し、その後、浦添市まで延伸されました。1日の平均乗客数は新型コロナの影響を受ける前の2019年度で開業時の1.7倍以上に増え、混雑も目立つようになったことから、一部の編成を従来の2両から3両に増やすことになったものです。

9日は運転席のない中間車が初めて登場したとあって、地元の人々が撮影する様子も見られました。

3両となるのは当面、25編成のうち9編成で、2023年度中に3両での運転を始める予定です。