×

交通系ICカード利用開始、ICOCAなど 県内路線バスの9割以上で導入 二次交通の利便性アップ

2024年2月24日 11:58
交通系ICカード利用開始、ICOCAなど 県内路線バスの9割以上で導入 二次交通の利便性アップ
交通系ICカードを利用して乗車する高校生=24日午前10時ごろ、JR福井駅前

県内の路線バスでは、24日から交通系ICカードを使った運賃の支払いが可能になりました。新幹線開業に合わせて、二次交通の利便性アップにつなげます。(2月24日)

県と県内のバス事業者は「ICOCA(イコカ)」など、全国10種類の交通系ICカードで運賃の支払いができるシステムを導入しました。県内の広域路線バスの9割以上をカバーしていて、4つの新幹線駅を発着する全ての路線バスで利用できるようになり、県外からの観光客らの二次交通の利便性アップにつなげます。

■バス通学する高校生
「本当にいろいろ便利になるんじゃないかと思います。電車もICOCAを使用しているので、バスでICOCAが使えるのはすばらしいことだと思います」

交通系ICカードは、バスターミナルや鉄道の駅にあるチケットセンターなどで購入することができます。

    福井放送のニュース

    • 日テレNEWS NNN
    • 社会
    • 交通系ICカード利用開始、ICOCAなど 県内路線バスの9割以上で導入 二次交通の利便性アップ