×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 【プロジェクト第1号】仙台市が中心部のビルの建て替えを促す「都心再構築プロジェクト」 19階建てのオフィスビル完成

【プロジェクト第1号】仙台市が中心部のビルの建て替えを促す「都心再構築プロジェクト」 19階建てのオフィスビル完成

2023年12月8日 20:30
【プロジェクト第1号】仙台市が中心部のビルの建て替えを促す「都心再構築プロジェクト」 19階建てのオフィスビル完成

仙台市が中心部のビルの建て替えを促す「都心再構築プロジェクト」の第1号となる19階建てのオフィスビルが完成した。

仙台市青葉区の東二番町通り沿いに完成した「アーバンネット仙台中央ビル」は、地上19階 延べ床面積およそ4万2000平方メートルのオフィスビル。

このビルは、NTT東日本が所有していたオフィスビルを解体した跡地に建設されたもので、仙台市が進める老朽化した中心部のビルの建て替えを促す都心再構築プロジェクトの第1号となる。

吉田記者リポート「入り口を入ったこちらのロビーには、高さ7.7メートの天井に歴史を感じる仙台平がデザインされています」

ロビーのベンチには、宮城県内の木材が使用されるほか、スタートアップ企業の利用を想定したシェアオフィスなどが入る。

仙台市・高橋新悦副市長「ナノテラスを意識したコワーキングスペースなどを設けていただいたビルなので、感慨深い」

ビルには、次世代放射光施設「ナノテラス」と専用の高速回線でつながれた分析室があり、実験の経過などを監視することができる。

このビルには、「ナノテラス」の利用を想定した大手タイヤメーカーの研究拠点の入居が予定されている。

仙台市とNTTグループは、このビルを拠点としてスタートアップ企業など新たなビジネス創出につなげたいとしている。

ミヤギテレビのニュース