×

【中日】村上頌樹を最後に打ち崩したのは石川昂弥 8回に劇的逆転で阪神に勝利 高橋宏斗白星ならずも7回2失点の粘投

2024年5月15日 6:44
【中日】村上頌樹を最後に打ち崩したのは石川昂弥 8回に劇的逆転で阪神に勝利 高橋宏斗白星ならずも7回2失点の粘投
逆転タイムリーの中日・石川昂弥選手(写真:時事)
プロ野球セ・リーグ 中日4-2阪神(14日、豊橋)

中日は6回に2点を失い逆転を許しますが、8回にカリステ選手、石川昂弥選手がタイムリーを放ち逆転勝利を収めました。

豊橋で行われた阪神との一戦、中日の先発は高橋宏斗投手。初回、阪神の先頭・森下翔太選手にヒットを浴びるものの、後続を打ちとり先制は許しませんでした。

無失点ピッチングを続ける高橋投手は3回裏、自らのバットで魅せます。阪神の先発・村上頌樹投手からライトオーバーのツーベースを放ちチャンスメークすると、その後田中幹也選手がタイムリーを放ち、中日が先制に成功します。守備では4回に石川選手がサードへの強烈な打球をさばくと、5回には田中選手がピンチで同点打を防ぐファインプレー。内野陣の堅い守備で、高橋投手を支えます。

6回のマウンドにも上がった高橋投手でしたが、佐藤輝明選手にツーベースを打たれ1アウト2、3塁のピンチに。その後、フィルダースチョイスと内野ゴロで2点を奪われ、逆転されました。

村上投手を前になかなか突破口を見いだせない中日打線。しかし8回、先頭の岡林勇希選手がツーベースを放つと、続く田中選手の送りバントが相手のエラーを誘いノーアウト1、3塁に。ここでカリステ選手が同点タイムリーを放つと、1アウト満塁から石川選手が勝ち越しの2点タイムリー。逆転に成功しました。

最後は守護神のマルティネス投手が無失点で締めてゲームセット。阪神との3連戦の初戦を、白星で飾りました。

試合後、ヒーローインタビューに登場した石川選手は、8回の一打について「コンパクトに振ろうと思って打席に入りました」とコメント。「手応えは良くないですけど、気持ちで持っていきました」と殊勲の一打を振り返りました。

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【中日】村上頌樹を最後に打ち崩したのは石川昂弥 8回に劇的逆転で阪神に勝利 高橋宏斗白星ならずも7回2失点の粘投