日テレNEWS
スポーツ
2022年6月16日 13:28

巨人2軍 赤星優志 初回立ち上がりは3者凡退 味方のナイスプレーにも助けられる

巨人2軍 赤星優志 初回立ち上がりは3者凡退 味方のナイスプレーにも助けられる
初回を3者凡退に抑えた赤星優志投手

◇プロ野球イースタン・リーグ ヤクルトー巨人(16日、戸田)

初回、赤星優志投手はヤクルトの荒木貴裕選手との対戦。1軍登録されている荒木選手ですが、ここはうまくライト方向にゴロを打ち返します。

しかし、セカンドの平間隼人選手がグラブを伸ばして、捕球すると、体を反転させながら、1塁に送球。ワンバウンドになりましたが、ファーストの北村拓己選手がうまくすくい上げて、赤星投手を助けるナイスプレーを見せました。

さらに、嶋基宏選手もセンターフライに打ち取り、太田賢吾選手は落ちる球で空振り三振に仕留めると、3者凡退で初回を終えています。