×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • マジック点灯へ! ヤクルト小川泰弘が先制のピンチを無失点 ファンも「頼りになります」

マジック点灯へ! ヤクルト小川泰弘が先制のピンチを無失点 ファンも「頼りになります」

2022年9月11日 16:02
マジック点灯へ! ヤクルト小川泰弘が先制のピンチを無失点 ファンも「頼りになります」
先制のピンチを無失点で乗り切ったヤクルト・小川泰弘投手(C)YDB

◇プロ野球セ・リーグ DeNA-ヤクルト(11日、横浜スタジアム)

ヤクルト・小川泰弘投手が1アウト1、2塁と先制のピンチを無失点で乗り切りました。

両チーム無得点で迎えた4回。小川投手は1アウト1、2塁と、この試合初めて得点圏にランナーを背負います。

それでも宮崎敏郎選手を2ボール2ストライクからの6球目、アウトコースいっぱいにストレートを投げ切り見逃し三振に仕留め2アウト。

そして続くソト選手には8球目の内角のストレートをレフトへ大きな打球を飛ばされますが、フェンスの手前で青木宣親選手がキャッチし、このピンチを無失点で乗り切りました。

SNSでは「よくインコースに投げ切った!」「頼りになります」と称賛のコメントが多く寄せられています。