×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • DeNA・大貫晋一 ヤクルト村上宗隆を三振に取りピンチを脱する 初回から3奪三振と上々の立ち上がり

DeNA・大貫晋一 ヤクルト村上宗隆を三振に取りピンチを脱する 初回から3奪三振と上々の立ち上がり

2022年9月11日 15:36
DeNA・大貫晋一 ヤクルト村上宗隆を三振に取りピンチを脱する 初回から3奪三振と上々の立ち上がり
村上宗隆選手を三振に抑えたDeNA・大貫晋一投手(C)YDB
プロ野球セ・リーグDeNA-ヤクルト(11日、横浜スタジアム)

自己最多の11勝を目指すDeNAの先発・大貫晋一投手が初回のピンチで、ヤクルトの村上宗隆選手から見逃し三振を奪い、無失点で切り抜けました。

初回、ヤクルトの先頭・塩見泰隆選手を空振り三振に抑えると、続く山崎晃大朗選手からも三振を奪い、簡単に2アウト奪います。

しかし、3番・山田哲人選手にショートとセンターの間に落ちるヒットを打たれ、2アウト2塁と先制のピンチを招くと、打席には現在3冠王の4番・村上選手。

それでも大貫投手は2ボール2ストライクからの5球目、スライダーをインコースに投げ切り、村上選手を見逃し三振。初回のピンチを無失点で乗り切りました。

SNSでは「バッテリーの勝ち」「大貫の気合をビシビシ感じる」と称賛のコメントが多く寄せられています。