×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【全日本大学駅伝】駒大が史上初2季連続三冠へ王手 2位争いはし烈な戦い 最後のシード権に東京国際大学

【全日本大学駅伝】駒大が史上初2季連続三冠へ王手 2位争いはし烈な戦い 最後のシード権に東京国際大学

2023年11月5日 14:11
【全日本大学駅伝】駒大が史上初2季連続三冠へ王手 2位争いはし烈な戦い 最後のシード権に東京国際大学
全日本大学駅伝 上位8校がシード権獲得
◇秩父宮賜杯 第55回全日本大学駅伝対校選手権大会(5日、熱田神宮西門前-伊勢神宮内宮宇治橋前8区間 106.8 ㎞)

学生3大駅伝の第2戦、全日本大学駅伝で駒澤大学が全区間1位でタスキをつなぎ、5時間9分00秒で優勝。2季連続三冠へ王手をかけました。

1区を走った駒大の赤津勇進選手は後半まで2位集団につけて走ると、残り1キロをきったところで早稲田大学の間瀬田純平選手と先頭争いとなり、最後は1秒差のトップで2区へつなげました。

2区では駒大・佐藤圭汰選手が快走します。残り半分を過ぎたところで2位の早大・山口智規選手を引き離すと区間新記録でタスキをつなぎました。一方、13位でタスキを受け取った順天堂大学の三浦龍司選手は5人抜きで8位とします。

3区は駒大の篠原倖太朗選手が2位に1分の差をつける走りを見せます。2位争いは青山学院大学の佐藤一世選手が終盤で早大・石塚陽士選手を抜き1秒差で4区へつなぎました。

4区では8位でスタートした城西大学の斎藤将也選手が6人抜きで2位に浮上。中央大学の溜池一太選手は区間3位の走りで7位から3位へ順位を上げました。青学大は4位へ、早大は8位へ順位を落とします。

5区は青学大の4年生、山内健登選手が順位を上げ2位でタスキをつなぎます。國學院大學も順位を上げ6位から3位に浮上します。

区間ごとに差を広げる駒大は6区も安原太陽選手が区間賞の走りで2位との差を2分以上に広げタスキを渡します。2位は青学大、3位には1つ順位を上げた中大がつけます。

7区は中大の湯浅仁選手と國學院大の平林清澄選手が激しい3位争い。最後まで両者譲らず必死の走りを見せますが中大が先にタスキを渡し3位、1秒差で國學院大は4位も平林選手は区間賞の走りを見せました。8位以内に与えられるシード権争いは8位に早大、9位は4秒差で創価大学がつけます。

そして最終区間8区は駒大のキャプテン鈴木芽吹選手からタスキを受けたアンカーの山川拓馬選手がトップでゴール。1区から1度もトップを譲らず4大会連続16回目の優勝となりました。今年の出雲駅伝も制した駒大は史上初の2季連続の学生駅伝三冠へ王手をかけました。

2位争いは青学大・國學院大・中大の争い。残り4キロ付近で3校が並びますが最後は青学大・田中悠登選手がラストスパートで振り切り2位、5秒差で國學院大、中大が4位となりました。

シード権争いは5位に城西大学、6位は前の区間9位だった創価大が入り7位は大東文化大学、8位の東京国際大学が最後のシード権を獲得しました。

▼全日本大学駅伝 入賞順位
1位 駒澤大学 5時間09分00秒
2位 青山学院大学 5時間12分34秒
3位 國學院大學 5時間12分39秒
4位 中央大学 5時間12分49秒
5位 城西大学 5時間17分23秒
6位 創価大学 5時間18分21秒
7位 大東文化大学 5時間19分21秒
8位 東京国際大学 5時間20分05秒