×

「おっさん頑張って打ってるなって」今年50歳の松井秀喜 臨時コーチ最終日に柵越え披露

2024年2月14日 16:30
「おっさん頑張って打ってるなって」今年50歳の松井秀喜 臨時コーチ最終日に柵越え披露
柵越えを披露し、球団OBらとハイタッチする松井秀喜さん(画像:日テレジータス)
プロ野球巨人春季キャンプ(14日、宮崎)

プロ野球・巨人の春季キャンプで臨時コーチを務めている松井秀喜さんが14日、フリー打撃で柵越えを披露しファンや現役の選手たちを沸かせました。

この日の正午過ぎ、丸佳浩選手や長野久義選手がフリー打撃を行う後ろでティーバッティングを始めた松井さん。ボールをあげていたのは同学年で同期入団の村田善則総合コーチでした。

体を慣らした松井さんは、選手の練習が終わるとバッターボックスへと向かい、スタンドのファンからは拍手が起こります。

松井さんの現役時代にコーチを務めていた中畑清さんらが見守る中、フリー打撃が始まると、情報を聞きつけた選手たちも続々とグラウンドに出てきて松井さんのバッティングを見つめました。

すると14球目、ボールをとらえた瞬間、松井さんも確信したかのように打球をみつめると、打球はそのままライトスタンドへ。選手やファンからは大きな拍手が起こり、松井さんはガッツポーズ。

今年50歳を迎える松井さんのバッティングに、中畑さんやコーチ、選手などがハイタッチで祝福しました。

フリー打撃を終えた松井さんは「ファンサービスです。選手は『おっさん頑張って打ってるな』って思ってるくらいですよ。(ホームラン)打たなかったら終われない」と笑いを交えて話しました。

5日間の臨時コーチを終え、選手らに「私はいろいろ伝えたけど、最後は自分で作ってください。自分の思うようにやってください。大事なことはジャイアンツがチームとして勝つこと。ユニホームを着ている以上勝利を目指してプレーしてください」と後輩にエールを送りました。

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「おっさん頑張って打ってるなって」今年50歳の松井秀喜 臨時コーチ最終日に柵越え披露