日テレNEWS
スポーツ
2022年8月4日 21:08

DeNA三浦監督 ノーゲームも「リリーフ陣休めた」ファーム初登板のルーキー小園健太についても話す

DeNA三浦監督 ノーゲームも「リリーフ陣休めた」ファーム初登板のルーキー小園健太についても話す
DeNA・三浦大輔監督(C)YDB

◇プロ野球セ・リーグ DeNA-広島(4日、横浜スタジアム)

0-0のまま雨のため4回途中でノーゲームとなったDeNA対広島の一戦。三浦大輔監督が取材に応じました。

「どうすることもできない」と口を開くと、「唯一ケガ人が出なかったことがよかった。1日空いたのでリリーフ陣も休めた」とホッとした表情。

今季ここまで中継ぎの伊勢大夢投手とエスコバー投手はリーグトップタイの47試合に登板。負担が大きくなっていた2人を休めることができたことをプラスに捉えていました。

またこの日ランナーを出しながらも4回まで無失点の先発・石田健大投手については「ボールのキレもよかった」と評価。

またこの日ファームで実戦初登板したドラフト1位高卒ルーキー小園健太投手についても話した三浦監督。試合前に映像も見ていたそうで「内容どうこうじゃない。まず試合で投げれたことが本人にとってもプロのマウンドで投げたこと次のステージに上がった。公式戦で投げたことがよかった」と話しました。

8月連勝スタートとなったDeNAは、5日から中日との敵地バンテリンドームで3連戦。今季10勝2敗1分けと得意としている相手だけに、さらに勢いに乗りたいところです。