日テレNEWS
スポーツ
2013年10月24日 20:33

松井投手「強いチームに選んでもらい光栄」

 24日、プロ野球ドラフト会議が行われ、去年、甲子園新記録となる1試合22個の三振を奪った桐光学園の松井裕樹投手(17)を5球団が1巡目で指名、抽選の結果、パ・リーグ王者の楽天が交渉権を獲得した。松井投手はその後、会見を行った。

 「今シーズンのパ・リーグ優勝チームなので、強いチームに選んでもらって光栄です。きのうの夜は緊張して眠れなかったんですけど、きょうも模擬試験が終わってからすごく緊張していて、今ほっとしています」

 「(楽天・田中将大投手は)目標とさせていただいている投手なので、学べるものはたくさんあると思うので、いろんなことを吸収して、ゆくゆくは超えていけるように頑張っていきたいと思います」

 「(Q:東北のみなさんにメッセージを)少しでも自分の力がチームの力になれるよう頑張りたいと思います。(Q:仙台で食べてみたいものは)牛タンです」