×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【阪神】「最終的に1番いい報告ができるように」横田慎太郎さんの追悼試合で岩崎・岩貞の同期入団2人が無失点リリーフ

【阪神】「最終的に1番いい報告ができるように」横田慎太郎さんの追悼試合で岩崎・岩貞の同期入団2人が無失点リリーフ

2023年7月25日 23:22
【阪神】「最終的に1番いい報告ができるように」横田慎太郎さんの追悼試合で岩崎・岩貞の同期入団2人が無失点リリーフ
前列左から(横田慎太郎選手、和田豊監督、岩貞祐太投手)後列左から(岩崎優投手、梅野隆太郎選手、陽川尚将選手、山本翔也投手)写真:時事
プロ野球セ・リーグ 阪神4-2巨人(25日、甲子園球場)

試合前には、7月18日に28歳で亡くなった元阪神の横田慎太郎さんの追悼セレモニーが行われたこの試合。

阪神は1点リードの7回に3番手として横田さんと同期入団の岩貞祐太投手がマウンドに上がります。岩貞投手は「ヨコの気持ちも背負って投げれました」と1アウト1、2塁のピンチを背負ったものの、秋広優人選手をダブルプレーに打ち取り、無失点に抑えます。

さらに9回には同じく横田さんと同期入団の岩崎優投手がマウンドに上がります。先頭をフォアボールで出しますが、続く岸田行倫選手をダブルプレーに抑えるなど無失点で締めくくり「本当に勝てて良かったです」と振り返りました。

試合後のヒーローインタビューで横田さんへの思いを聞かれると岩貞投手は「もっと一緒にやりたかったなと思います」、岩崎投手は「最終的に1番いい報告ができるようにと思います」とそれぞれコメントしました。