日テレNEWS
スポーツ
2022年5月29日 16:17

「またBIGBOSSに怒られるな」日本ハム・清宮幸太郎 無死満塁で見逃し三振

「またBIGBOSSに怒られるな」日本ハム・清宮幸太郎 無死満塁で見逃し三振
無死満塁で見逃し三振に倒れた日本ハム・清宮幸太郎選手

◇プロ野球セ・パ交流戦 日本ハム-巨人(29日、札幌ドーム)

3連続タイムリーで勢いに乗る日本ハム打線でしたが、続く清宮幸太郎選手が見逃し三振に倒れました。

1点リードの日本ハムは4回、ノーアウト満塁のチャンスを作ると、9番・杉谷拳士選手、1番・松本剛選手、2番・上川畑大悟選手の3連続タイムリーで3点を追加。5-1とリードを広げます。

なおもノーアウト満塁と打線が勢いに乗るなか、打席には前日2ホームランの清宮選手。しかしフルカウントから巨人・畠世周投手の投じた7球目、甘めのスライダーを見逃し三振。絶好のチャンスを生かせませんでした。

SNSでは「清宮またBIGBOSSに怒られるな」「ランナーいないと打てるのにランナーいるといつも三振の清宮くん」「チャンスで打てないなーチャンスで打ってこそでしょ」といった声があがっていました。