×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • “202cm”巨人・秋広優人の秘密はりんご? 師匠・中田翔への感謝「直接は照れくさくて言えない」

“202cm”巨人・秋広優人の秘密はりんご? 師匠・中田翔への感謝「直接は照れくさくて言えない」

2023年6月12日 10:55
“202cm”巨人・秋広優人の秘密はりんご? 師匠・中田翔への感謝「直接は照れくさくて言えない」
巨人・中田翔選手(左)、秋広優人選手(右)【画像:日テレジータス】
日本テレビの番組「サンデーPUSHスポーツ」では、今シーズン急成長を遂げている巨人秋広優人選手を特集。プロ3年目の若手の意外な素顔に迫りました。

巨人・秋広優人選手の一番の特長は、現役日本人選手で最も高い身長202cmの大きな体。秋広選手以前に身長2mを超える選手が巨人に在籍したのは1959年、プロレスラーに転向する前のジャイアント馬場さん(馬場正平)になります。

番組では秋広選手の両親を取材。意外にも、父・伸也さんの身長は172cm。「そんな190cmとか2mなんていう身内はいないので。聞きたいんですよ、なんでですか?」と秋広選手の成長に両親も驚いてました。

秋広選手本人に聞くと「りんごは小学生の時、毎日食べてるんじゃないかというくらい食べてました」と、りんごのおかげではないかと教えてくれました。

プロ3年目の秋広選手は、入団から2年間で1軍の試合出場はわずか1試合。今シーズンの躍進には、秋広選手が師匠と慕う中田翔選手の存在があります。

去年から打撃力向上のため、中田選手の自主トレに参加志願。当時について秋広選手は「翔さんがジャイアンツに来て、打球の質というのは見たことないような感じだった、そういうところも聞きたいなと思ってお願いしました」と話します。

中田選手は、フィジカルトレーニング、実戦トレーニングだけでなく、体が細い秋広選手に食事トレーニングも指導。今年の自主トレでは、朝4合・昼3合・夜4合・夜食で1合と、1日12合のお米を食べて体を大きくすることをすすめました。

そして今シーズン様々な努力が実を結びます。秋広選手は、4月29日広島戦でプロ初ホームラン。そして自身のホームラン以上にうれしかったのが、その日生まれた中田選手のサヨナラホームランでした。プロ初のヒーローインタビューが師匠・中田選手とのツーショット。秋広選手は「翔さんにいろんなサポートをしてもらっているので、成長した姿を見せられる様にという思いでやってました。なかなか直接は照れくさくて言えないですけど感謝しています」と語りました。