×

日テレNEWS NNN|日本テレビ系NNN30局のニュースサイト

【阪神】DeNA相手に今季3度目の同一カード3連勝 伊藤将が6勝目でチームも4連勝で首位キープ

2023年8月6日 20:23
【阪神】DeNA相手に今季3度目の同一カード3連勝 伊藤将が6勝目でチームも4連勝で首位キープ
阪神・岡田彰布監督
プロ野球セ・リーグ 阪神3―2DeNA(6日、横浜スタジアム)

首位阪神が勝利し、今季DeNA相手に3度目のカード3連勝を成し遂げました。

阪神は2回、佐藤輝明選手が四球を選び出塁。梅野隆太郎選手がこの試合チーム1本目の安打となるタイムリーツーベースヒットで幸先良く先制します。

3回には、近本光司選手がヒットで出塁するも、DeNA先発の石田健大投手に牽制され痛恨のアウト。チャンスを広げられません。

それでも6回、先頭で打席に入った近本選手。ライトオーバーツーベースで追加点のチャンスを作ります。大山悠輔選手が四球を選ぶなど、2アウト1・3塁となおもチャンス。

打席には佐藤輝明選手が入ると、タイムリーツーベースヒットで追加点。阪神はリードを3点に広げます。

しかし6回、先発の伊藤将司投手がピンチ。2アウト1・2塁で打席に牧秀悟選手を迎えると、レフト線をやぶるタイムリーを放たれ失点。続くソト選手にもタイムリーを打たれ1点差に詰め寄られます。それでも大田泰示選手を抑え勝ち投手の権利を得て降板。

さらに阪神は、8回4番手のケラー投手がピンチを作りますが、本塁を踏ませずしっかり継投。

9回には守護神・岩崎優投手が登板。桑原将志選手に死球を与えてしまいますが、楠本泰史選手を内野フライ、関根大気選手をキャッチャーフライでゲームセット。

勝利した阪神はDeNA相手に今季3度目の同一カード3連勝。チームも4連勝で首位キープです。