×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • ”現役引退やめた”大迫傑「僕の人生だから。ワクワクしよう。また走り始める」SNSで現役復帰の意向示す

”現役引退やめた”大迫傑「僕の人生だから。ワクワクしよう。また走り始める」SNSで現役復帰の意向示す

2022年2月7日 17:19
”現役引退やめた”大迫傑「僕の人生だから。ワクワクしよう。また走り始める」SNSで現役復帰の意向示す
現役復帰の意向を表明した大迫傑さん(写真:アフロスポーツ)
東京五輪男子マラソン6位入賞を最後に、現役を引退した前日本記録保持者の大迫傑さん(30)が7日、現役復帰の意向を表明しました。

大迫さんは自身の公式サイトやSNSに短い動画を公開。動画の中では「大迫傑引退」という文字の「引退」の部分を消すように線が引かれ、心境がつづられていました。

以下、投稿内容全文。

◇   ◇   ◇   ◇

立ち止まるも自由だし、走り始めるのだって自由。

僕の人生だから。ワクワクしよう。また走り始める。

ランニングが連れてきてくれるものなんてないような気がしてて。

むしろ存在するいろんなノイズを走ることによって置き去りにしていくような感じ。

今はただ、またレースを走ってみたいって思ってる。

もっとシンプルに。もっと真っ直ぐって。

そう思ったら、もう熱が冷める前にすぐにアクションしたいタイプで。

走り終えたけど、また走りはじめたいなって。

また始めたっていい。何度だって。何度でも。

◇   ◇   ◇   ◇

大迫さんは2018年に2時間5分50秒の日本記録(当時)を樹立すると、2020年の東京マラソンでは自身のもつ日本記録をさらに更新。「現役選手としてのラストレースにします」と表明して挑んだ東京五輪では6位入賞を果たしました。

引退後は箱根駅伝やマラソンなどの解説者を務め、後輩や子供たちの育成活動などにも力を入れていました。

去年12月の日本テレビのインタビューでは「五輪が終わって、競技人生として一応ゴールにしたんですけど、でもずっと走り続けているイメージですね」と引退後の心境を話し、「頑張る種類は変われど、ずっと気持ちを切らさずやっている感じですね。いまちょっと走ってます」と走ることへの気持ちを持ち続けていたことも明かしました。

現時点では復帰会見の予定は、発表されていません。