×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 巨人・阿部慎之助新監督「本当に引き受けて良いものか」就任会見で素直な心境を吐露

巨人・阿部慎之助新監督「本当に引き受けて良いものか」就任会見で素直な心境を吐露

2023年10月7日 8:10
巨人・阿部慎之助新監督「本当に引き受けて良いものか」就任会見で素直な心境を吐露
質問には立って答える巨人の阿部慎之助新監督
プロ野球巨人は6日、阿部慎之助新監督の就任会見を行いました。

質問には一問一問立って答える阿部新監督。大役を引き受けた際の心境について、「本当に引き受けて良いものか、自問自答しました」と素直な思いを吐露。「ヘッドコーチとして、ディフェンスチーフコーチとして2年連続Bクラスという屈辱を味わいましたし、ファンの皆様にも残念な思いをさせてしまったので、僕も責任をとらなければいけないとクライマックスシリーズ(CS)進出がなくなった日から、そういう気持ちでありました」と明かしました。

それでも突き動かしたのは原辰徳監督からの言葉。「監督室で言われたときに即答したんですけれど、重圧を感じて自問自答していました。そんな中で決め手は、原監督が監督室で『慎之助でよかった』と言っていただきました。それが自分を決心させてくれる“最高の言葉”です」と話しました。

現役時代は長年正捕手としてリーグ優勝8回、日本一を3回経験した阿部新監督。来季の目標について「やはりジャイアンツは『優勝』、来年度は『優勝』という言葉を自分でも意識して、口に出していきたいと思います。やはりジャイアンツは常勝軍団といわれ、勝たなければならない。勝ちに貪欲になって、勝ち星を重ねていけたらなと思います」と力を込めました。

来季球団創設90周年を迎える巨人は、阿部新監督のもと優勝を目指し戦います。