×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「なんてすてきなロドリゲス劇場」中日・ロドリゲス 自ら招いたピンチで3連続空振り三振

「なんてすてきなロドリゲス劇場」中日・ロドリゲス 自ら招いたピンチで3連続空振り三振

2022年5月25日 20:59
「なんてすてきなロドリゲス劇場」中日・ロドリゲス 自ら招いたピンチで3連続空振り三振
8回2塁1塁のピンチを3者連続空振り三振で抑えた中日・ロドリゲス投手
◇プロ野球セ・パ交流戦 中日-西武(25日、バンテリンドーム)

中日・ロドリゲス投手が自ら作ったピンチをしのぎました。

8回に中日3番手で登板したロドリゲス投手。先頭の西武・滝澤夏央選手のセーフティーバントを、自らのエラーで出塁させてしまいます。さらに続くオグレディ選手にはフォアボール。ノーアウト2塁・1塁のピンチを招いてしまいます。

しかしここから、この試合ホームランを放っている山川穂高選手を空振り三振。続く呉念庭選手も空振り三振に切って取ると、愛斗選手からも空振り三振。3者連続の空振り三振で自ら招いたピンチを無失点で切り抜けました。

SNSでは「なんてすてきなロドリゲス劇場」「自分のミスをカバーした!素晴らしい」といった声が寄せられています。