×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【巨人】赤星優志が7回無失点 今季初勝利なるか 6回はピンチでクリーンアップを打ち取る

【巨人】赤星優志が7回無失点 今季初勝利なるか 6回はピンチでクリーンアップを打ち取る

2023年8月24日 20:25
【巨人】赤星優志が7回無失点 今季初勝利なるか 6回はピンチでクリーンアップを打ち取る
赤星優志投手(画像:日テレジータス)
プロ野球セ・リーグ 巨人-ヤクルト(24日、東京ドーム)

巨人の先発・赤星優志投手が6回無失点の好投で、今季初勝利の権利を持って降板しました。

5月23日以来の先発マウンドとなった赤星投手。初回は1アウトから死球とヒットで、1、2塁のピンチを背負いますが、村上宗隆選手を外角のストレートでダブルプレーに打ち取り、0点に抑えます。

2回以降は切れのあるスライダーや、ストレートなどで4者連続三振を奪うなど、5回までヤクルト打線をヒット2本に抑えます。

6回には先頭の山田哲人選手に9球粘られて四球を許すと、澤井廉選手には初球をヒットにされ、ノーアウト1、2塁のピンチでクリーンアップを迎えます。

それでも赤星投手はオスナ選手をサードへのファールフライ、村上選手を空振り三振で2アウトを奪うと、サンタナ選手は147キロのストレートを詰まらせて、レフトフライに打ち取りました。

続く7回は三者凡退に抑えた赤星投手は、7回8奪三振無失点の好投。今季初勝利の権利を持って降板しました。