日テレNEWS
スポーツ
2021年9月14日 20:21

西武・岸 先制タイムリー&好返球

西武・岸 先制タイムリー&好返球
(c)NNN

14日、プロ野球・西武対日本ハムがメットライフドームで行われ、2番・センターでスタメン出場した西武の岸潤一郎選手が攻守でチームを盛り上げました。

岸選手は2回。2アウト満塁のチャンスで打席が回ってくると、日本ハムの先発・池田隆英投手が投じた145キロのストレートをセンターへ打ち返し、先制の2点タイムリーを放ちます。

そして守備では3回。ノーアウト2塁の場面で、日本ハム・野村佑希選手が打ったセンターへのフライをキャッチすると、2塁ランナーの俊足・西川遥輝選手が3塁へタッチアップ。それを見た岸選手は持ち前の強肩で3塁へ送球し、見事ダブルプレーを完成させました。

先制タイムリーについて岸選手は「ツーアウト満塁で緊張しましたが、何とかランナーを返したいと思っていました。結果的にタイムリーになってよかったです」とコメント。そして好返球については「あれはたまたまです」と話しました。