×

【ドラフト会議】「今年一番追いかけた」アメリカまで追いかけたドラ1・浅野翔吾の巨人担当スカウトが振り返り

2022年10月20日 21:00
【ドラフト会議】「今年一番追いかけた」アメリカまで追いかけたドラ1・浅野翔吾の巨人担当スカウトが振り返り
高松商業・浅野翔吾選手(写真:日刊スポーツ/アフロ)
プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(20日)

巨人は、1巡目で高松商業高の浅野翔吾選手を指名。阪神とのくじ引きに勝利し交渉権を獲得しました。

支配下指名の5選手を指名した直後、GIANTS TVでドラフト直後の様子が生配信されました。

浅野選手の獲得を担当した巨人の岸敬祐スカウトは1巡目で阪神と指名が競合したことについて「阪神さんが来られるだろうという予測だったので、やはり来たかとさらに緊張感が増した」と担当スカウトとしての心境を明かしました。

一方で、「今年一番追いかけた自信があった。特にアメリカまで追いかけたので、きっとご縁があるだろうと信じて待ちました」とくじの結果を待つ際の気持ちを振り返りました。

また、スカウトとして浅野選手を評価したポイントについて「身長170センチと思えないほどのパワーと広角に打てる長打力を一番評価させてもらいました。そして人間力という所で、彼のまじめさや人の優しさというのも非常にファンから愛される選手かなと思います」と話しました。

その上で「脚力もあり地肩も強い選手なので、私としてはトリプルスリーを狙える素材だと思ってます。将来のスター候補として成長していくと思います」と将来の活躍に期待を寄せました。

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【ドラフト会議】「今年一番追いかけた」アメリカまで追いかけたドラ1・浅野翔吾の巨人担当スカウトが振り返り