日テレNEWS
スポーツ
2021年11月28日 14:36

江川卓 代打の神様・川端の打撃に職人技

江川卓 代打の神様・川端の打撃に職人技
(c)NNN

野球解説者の江川卓さんが、決勝タイムリーを打ったヤクルト・川端慎吾選手(34)のバッティングをを27日の「Going!Sports&News」で“超怪物”と褒めたたえました。

第6戦、1-1の同点で迎えた延長12回2アウト1塁で代打で登場した川端選手。オリックス・吉田凌投手の5球目のスライダーをレフト前へヒット。日本一へ導く決勝タイムリーを放ちました。

この打撃について江川さんは、「職人技のバッテッィング」と絶賛。「インコースに入ってきたスライダーなんですけど、手が縮まってしまうので、普通に打つと内野ゴロになってしまう。逆方向に腕をしめて打っている。“川端選手でないとできない職人技”と言っていい、超怪物の技を見た」と褒めたたえました。

川端選手は今季レギュラーシーズン打率.372、出塁率.419と勝負所での“代打の神様”として抜群の成績を記録。ヤクルト20年ぶりの日本一へ今季最後の大仕事をやってのけました。