日テレNEWS
スポーツ
2022年5月22日 15:53

「今日の阪神はイケイケやで~!」阪神、好機を生かし先制!2回4得点

「今日の阪神はイケイケやで~!」阪神、好機を生かし先制!2回4得点
タイムリーを放った近本光司選手(左)、大山悠輔選手(中)、佐藤輝明選手(右)

◇プロ野球セ・リーグ 阪神-巨人(22日、甲子園球場)

阪神は巨人の先発・高橋優貴投手を攻略し、2回に4得点をあげました。

先頭打者の6番・陽川尚将選手、糸原健斗選手がフォアボールで出塁すると、長坂拳弥選手がバントを決め、1アウト2、3塁のチャンスに。伊藤将司投手もフォアボールを選び満塁をつくると、近本光司選手、大山悠輔選手のタイムリーで3得点をあげました。

さらに高橋投手に代わってマウンドに上がった戸田懐生投手からも佐藤輝明選手が追加点を奪い、2回4得点と伊藤投手を援護しました。

ファンもこの打線のつながりに対し「今日の阪神はイケイケやで~!」「これって阪神?(歓喜)」「高橋優貴打てるとかほんまに阪神か?」と喜びを見せました。

このタイムリーについて3選手のコメント

・近本選手
「四球でつないで作ってくれたチャンスでしたし、流れの中でも先制したい場面だったので、打つことができてよかったです」

・大山選手
「みんながつないでくれたチャンスで、将司のためにも1点でも多く点を取っておきたい状況だったので、しっかりランナーを返すことができてよかったです」

・佐藤選手
「打線がつながっていい流れで回ってきた場面だったので、積極的にいこうと思っていました。しっかりと自分のスイングができましたし、追加点を取ることができてよかったです」