×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • “初回チャンスで明暗”中日は満塁もあと一打出ず0点・・・DeNAは牧秀悟の3ランで先制

“初回チャンスで明暗”中日は満塁もあと一打出ず0点・・・DeNAは牧秀悟の3ランで先制

2022年5月5日 15:06
“初回チャンスで明暗”中日は満塁もあと一打出ず0点・・・DeNAは牧秀悟の3ランで先制
初回の攻撃、中日は0点、DeNAは3点をあげる
プロ野球セ・リーグ DeNA―中日(5日、横浜スタジアム)

両チームともに初回からチャンスを迎えました。

中日は2番・岡林勇希選手のヒットと今季初スタメンの3番・郡司裕也選手が四球を選び、チャンスを広げます。その後2アウト満塁となり6番・石川昂弥選手。DeNA先発・坂本裕哉投手のストレートを捉えますが、あと1歩伸びず、センターフライに倒れ得点は奪えませんでした。

一方DeNAは、エラーと四球で1アウト1、2塁のチャンス。ここでバッターは4番・牧秀悟選手。中日先発・福谷浩司投手の3球目、ツーシームを捉えライトスタンドへ2試合連続3ランHRを放っています。