日テレNEWS
スポーツ
2022年5月31日 20:33

「ピンチに強い水上由伸!」 西武が1打同点のピンチも “わずか1球”で仕留める

「ピンチに強い水上由伸!」 西武が1打同点のピンチも “わずか1球”で仕留める
糸井をわずか1球で仕留めた西武・水上投手

◇プロ野球セ・パ交流戦 阪神-西武(31日、甲子園球場)

西武先発・佐藤隼輔投手の代わり登場した水上由伸投手がわずか1球でチームのピンチを救いました。

6回裏、西武先発・佐藤投手は阪神・中野拓夢選手にレフトへのヒットを許します。続く大山悠輔選手をセンターフライで2アウトにするも、4番・佐藤輝明選手に内野安打、1・3塁のピンチにを招きます。

ここで打席に迎えるのは糸井嘉男選手。西武は佐藤投手に変え、水上由伸投手をマウンドに送ります。1打同点の場面。バッテリーが選んだ初球はアウトコースいっぱいの146キロ・シュート。これに糸井選手は高いバウンドのピッチャーゴロ、見事1球で仕留めチームの危機を救いました。

SNS上では「ピンチに強い水上由伸!」「さすがです!」など、水上投手を賞賛する声が上がっています。