日テレNEWS
スポーツ
2022年6月28日 22:37

原監督「勇人が良い場面で打ってくれるのは大きな活力」ウォーカー好返球に「良いものを見せてもらったな」

原監督「勇人が良い場面で打ってくれるのは大きな活力」ウォーカー好返球に「良いものを見せてもらったな」
巨人・原辰徳監督

◇プロ野球セ・リーグ 巨6-2中日(28日、荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた)

6年ぶりに山形で行われた主催試合で勝利を挙げた巨人。試合後、原辰徳監督が囲み取材に応じました。

原監督は、決勝打となる2ランホームランを放った丸佳浩選手、2点タイムリー安打を放ったキャプテンの坂本勇人選手について「やっぱり丸、勇人が良い場面で打ってくれるのはチームにとって大きな活力になるし、結果的にも勝利というものは非常に近づく」とコメント。

また、これまで守備面で不安視されていたレフトのウォ―カー選手がダイレクト返球でアウトを奪ったプレーについて、「良いものを見せてもらった」と評価しました。

▽以下、試合後の原辰徳監督

――丸佳浩選手の3試合連続のホームランが決勝打。

「非常に拮抗している中で、丸に任せたという部分。よく良いバッティングをしてくれました」

――キャプテンの坂本勇人選手も2点タイムリー。

「やっぱり丸、勇人が良い場面で打ってくれるのはチームにとって大きな活力になるし、結果的にも勝利というものに非常に近づくというところですね」

――投げる方では高橋優貴投手を5回2アウトの場面で交代、その後、桜井俊貴含めてリリーフ陣も粘りましたね。

「桜井があそこをよくスリーツーというカウントで、よく三振に仕留めたなというところですね」

――レフトのウォ―カー選手。練習の成果も出ているんじゃないかというようなプレーもありましたが?

「練習(笑)。きょうは初めて補殺というかね、良いものを見せてもらったなという感じがしますね」

――6年ぶりの山形での主催ゲーム。いい勝ちを見せられましたね。

「苦しい拮抗したゲームではありましたけども、粘りながらこういう結果になったのは山形のジャイアンツファンに対しても、非常に良かったなと思います」