×

【中日】激しい投手戦の中カリステが先制アーチ 終盤には田中幹也にHR 完封勝利で2連勝

2024年6月11日 20:58
【中日】激しい投手戦の中カリステが先制アーチ 終盤には田中幹也にHR 完封勝利で2連勝
中日・立浪和義監督
プロ野球セ・パ交流戦 中日4-0日本ハム(11日、エスコンフィールドHOKKAIDO)

カリステ選手の今季4号ホームランで先制し、9回にも田中幹也選手がホームランを打ち上げ、中日が完封勝利しました。

3回終わった時点で両チーム合わせてヒットが「1」と激しい投手戦が繰り広げられます。しかし4回、先頭打者のカリステ選手が打席に立つと、上原健太投手が投じた3球目のスライダーをレフトスタンドに放ち、先制点を奪い均衡が崩れます。

そのウラ、高橋宏斗投手は、先頭打者をアウトにしますが、続く水谷瞬選手に6球を粘られ死球とすると、4番マルティネス選手にレフトへ2ベースヒットを打たれてしまいます。続く打者をアウトに打ち取りますが、この日1軍昇格となった清宮幸太郎選手を四球とし、2アウト満塁のピンチを背負います。しかし、続く清水優心選手を3球三振に打ち取り、この回のピンチを切り抜けました。

高橋投手は7回、またも2アウト2塁のピンチを招きます。代打で出場した田宮裕涼選手に初球のストレートをライトへ打たれると、2塁ランナーの中島卓也選手が快足を飛ばし、一気にホームへ。この試合ライトに入っていた岡林勇希選手の好返球もありホームでさし、この試合1番のピンチを無失点で切り抜けます。

すると、9回、2アウトの場面で加藤匠馬選手のライトへの強烈な当たりで尾田剛樹選手をホームへ生還させます。さらに続く田中幹也選手がレフトへホームランを放ち、終盤でさらなる追加点を生み出し、中日は2連勝を飾りました。

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【中日】激しい投手戦の中カリステが先制アーチ 終盤には田中幹也にHR 完封勝利で2連勝